FC2ブログ

西宮からチャリんぽっ!

good morning new my world (`ω´)/

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チューブラータイヤのパンク修理

ふと夜チャリの前輪を見てみると空気が完全に抜けています。
くるりと一周見てみると何かが刺さった痕跡が…。
空気を入れて水をたらしてみるとブクブクと空気が漏れていました…。
センチュリーライドの時恐らく何処かで何かを踏んだのでしょう。
その時完全にパンクして現地でタイヤ交換にならなかったのは幸いですが
前タイヤは1本1万円のヴェロフレックスカーボン…。
そう簡単には新しいものに交換するのも勿体無い。
まだ5ヶ月くらいしか使っていないのでまだ使いたい…。

こうなったら補修作業をするしかありません。
まずタイヤをリムから剥がします。
ミヤタテープをちょっと剥がしてタイヤとリムの間に
タイヤレバーをかませて力任せに剥がしていきます。
タイヤはがし1
…が、意外にテープが密着していて剥がしづらかった。
これを外でやれと言われたら結構キツイです。

何とか取れてきたので後は手で剥がしていきます。
タイヤはがし2

しかしテープはタイヤではなくリムにびっしりと張り付いていました。
なのでタイヤはすぐ綺麗になりました。
テープ…
この後のリムからのテープ剥がしがかなり難航しそうですが
ひとまずタイヤの補修から始めます。

まずふんどしを剥がしていくのですがこれもかなり力が入りました…。
ふんどし

何とか剥がし終えた図…
糸が見えてきました。
この糸を切っていきます。
剥離後

糸を切り終えると今度はコットンテープが見えてきました。
これも縫い付けている糸を切ります。
チューブラーの中は…

やっと中のラテックスチューブが出てきました。
黒い部分がパンク箇所です。
補修箇所

補修箇所が小さいのでパッチを小さく切り補修します。
パッチ補修
パッチでの補修は苦手なのでちょっと不安が残りますが
多分着いているはずと信じて先に進みます。
今思い返せば、この時空気を入れて確認すべきですよね…完全なる手抜きです。

コットンテープを縫いつけ、タイヤを縫い付けます。
縫いつけ
持っている糸の中で一番丈夫そうだったデニム用の糸で縫いました。

最後はふんどしを接着剤で貼り乾くのを待ちます。
ふんどし貼り

乾くのを待っている間にリムに残ったテープを取っていったのですが
なかなか綺麗に剥がれません…。
一番時間がかかった工程です…。

その後テープを貼りタイヤをリムに取り付けセンターを出して
空気を入れて無事終了!
水をたらしてみましたが今のところは大丈夫そう…。
朝に空気が抜けていないことを祈ります。

にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



| 自転車 | 00:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://meye.blog32.fc2.com/tb.php/156-65875c9f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT